システムエンジニアの履歴書に書くべき能力

システムエンジニアとしての就職を目指す場合、どれだけ有効なスキルを持っているのかを履歴書に示すことで大きく採用に近づくことができる。制御系・ウェブ系・オープン系などシステムエンジニアとして目指す方向によって必要とされるスキルは変わってくる場合があるため、それぞれに即した技能・資格を持っていることが望ましいが、それ以上に求められるのがコミュニケーションとマネジメントに関わるスキルだ。システム開発はチーム間での連携やクライアントとの交渉が求められる側面もあるため、コミュニケーション能力は不可欠である。特にヒアリング能力やプレゼンテーション能力を強調しておくと、より採用に結びつきやすい。また、システム開発は予算面や営業面とある程度一体化しておかなければクライアントの要求に応えるパフォーマンスは発揮できないため、開発自身にも予算管理やスケジュール管理における能力が求められる。

一方で、システム開発の未経験者の場合は実務経験や実績を履歴書でアピールできない分、より大きくヒューマンスキルについてアピールしておく必要がある。コミュニケーション能力は当然として、より多くのことを発展的に思考できる発想力はシステムエンジニアには必要な素養になるため、これが備わっていることを可能な限り客観的なデータで示すように心がけよう。さらに、仕事に対する向上心や好奇心に基づいた行動力は他の職種以上に求められるスキルになるため、必ず履歴書に盛り込んでおくようにしたい。
採用者の目に留まりやすい履歴書の書き方の他、SEが転職をする際に有利となる情報が記載されているサイトを紹介しておこう>>>http://se-changecareer.net/<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です